メニエール病になった後の経過とは

 

 

メニエール病は、症状の重さや進み具合はそれぞれ違いますが、繰り返し発作が起こることによって、悪化しやすい病気です。

 

 

メニエール病は、初期症状としては多くの人がめまいを感じます。その後、耳鳴りもするといった経過をたどっていきます。

 

症状の重さも、初期の頃は数分で収まったり、軽く感じる場合が多いため、つい放っておいてしまったという人も少なくありません。

 

早期発見、早期治療がメニエール病ではとても重要になるのです。

 

何度も繰り返すめまいや耳の閉塞感は、放っておくとすぐに難聴になってしまうなどするケースもあります。軽い症状だからと言って甘く見てはいけません。

 

 

 

 

メニエール病が初期の症状より進んでしまうと、発作が起きる時と安定している時を交互に繰り返すようになってきます。

 

発作が起こる頻度も人によって異なり、毎日ある人や、毎月1回、1ヶ月に1回など様々ですが、共通して言えることは、症状が悪化しているということです。

 

 

 

メニエール病は、慢性的になってしまうと耳の聞こえが悪くなり、難聴が酷くなってしまって手術をしなくては治らないという人も出てきます。

 

一番辛い症状であるめまいは、その頻度や重さが和らいでくると、治ったようにも感じます。

 

しかし、耳の症状は簡単には回復しません。早めの通院を心がけ、メニエール病が進行しないような治療を行うようにしていきましょう。