メニエール病と頸椎の歪みの関係

 

 

メニエール病と、頸椎の歪みにも大いに関係があると考えられています。メニエール病を発症する人には、交通事故などによりめまいなどの発作がはじまったという人も多いです。

 

しかし、頸椎を痛めるような事故を起こしていない人でも、知らず知らずに頚椎がゆがんできて、メニエール病につながる人もいます。

 

メニエール病は、長年の首の負担などからくる頚椎の歪みによっても生じることがあります。

 

 

 

 

 

長年の蓄積が

 

 

 

首は、重たい頭部を支えているというだけでも大きな負担を抱えていますが、同じ姿勢で長時間デスクワークを行なうなどによって、その負担が増して筋肉がかたまり、血行が悪くなることが多いのです。

 

血行が悪くなると、三半規管などへの代謝は低下し、めまいを感じるなど、メニエール病の症状につながる症状を引き起こすことがあるそうです。

 

 

 

マッサージだけもだいぶ楽になりますよね

 

 

 

その症状に改善が行われないと、ますます症状は慢性化し、ついにはメニエール病になってしまうことも考えられるので、軽く考えてはいけません。

 

首がつかれた、と思ったら、空いている時間に首を回す運動を行ったり、軽く屈伸運動などをして筋肉をほぐすことも大切です。

 

 

 

針治療が良いという人もいます

 

 

 

頸椎の歪みが全てメニエール病のめまいの原因となる訳ではありませんが、体の歪みは健康にも他に支障をきたす事も考えられます。

 

歪みがある場合は早急に対処するようにしましょう。メニエール病と診断された人は何が原因かわからず、処方される薬や点滴での治療を行うしか無いという人が殆どですが、このような日常生活に原因が思い当たることもあるので、はっきりとした原因を突き止めて完治をめざしましょう。