メニエール病とホルモンバランス

 

メニエール病はホルモンバランスとも関係が深いと言われています。ホルモンバランスというのは微妙なもので、それが崩れると、病気でなくてもめまいや吐き気といった症状が現れることも多いものです。

 

特に生理前の女性は、ホルモンバランスが崩れることで黄体ホルモンが分泌され、身体がむくむことがあります。

 

すなわち、むくみによって体内にたまった水分が、メニエール病の原因となる内耳の内リンパ水腫を引き起こすのこともあるのではと考えれています。

 

 

ホルモンバランスのせいかも・・・

 

 

 

サプリメントの活用も

 

 

ホルモンバランスを調整するには、サプリメントも有効です。蜂の子を原料にしたサプリメントは、ホルモンを整える働きがあり、メニエール病の症状である耳鳴りや難聴に効果があると言われています。

 

実際に、このサプリメントを飲んでメニエール病が治った、あるいは症状が緩和されたという声も多く、医師の中には積極的に取り入れている人もいます。

 

蜂の子は、アミノ酸が主成分であり、カルシウムやビタミン類、鉄などの成分もバランスよく含まれているので、身体に良い健康食品としても人気があります。

 

ホルモンバランスを整えることは、メニエール病につながる可能性がある症状を起こさないためにも、大切といわれています。

 

メニエール病に効果があると言われている物を試してみたけれど、あまり効果が感じられないという人は、蜂の子でホルモンバランスを整えてみる?のもお薦めです。

 

 

 

↓↓オススメ蜂の子サプリ↓↓

 

http://www.hanna-saku.jp/hachinoko/

 

 

 

蜂の子がどうも『体に合わない』という方もいらっしゃいます。そんな方には