メニエール病と上手に付き合う

 

 

メニエール病と付き合うというのは、難しいと考える人が多いでしょう。メニエール病は、治療に時間がかかるため、完全に完治するのも難しいと言われています。しかし、上手に付き合えば、完治できる病気です。

 

なるべく発作や症状が出ないように、病気と上手く付き合っていくことが重要になります。

 

いつ襲ってくるかわからない発作に怯えながら毎日を過ごすということは、とてもストレスが溜まり、病状の悪化にも繋がります。そのような気持ちにとらわれすぎないように乗り越えていきましょう。

 

 

恐怖心に打ち勝つ

 

 

メニエール病は、生命に関わる病気ではありませんが、日常生活もままならないとなると精神的にも非常に辛い病気です。

 

なるべく発作が起きないようにし、発作が起きた場合は対処法を行なうなど、上手に付き合うことがお薦めです。

 

「発作が起きたらどうしよう」という恐怖心はなるべく捨てましょう。もし発作が起きても、そのうち治まるからと静かにじっとして、「大丈夫だから」という大きな気持ちでいることが大切です。

 

 

 

周りの人の理解が必要です

 

 

 

メニエール病は、気楽に構えた方がストレスも溜まらずに良いのですが、そうとは分かっていても、最初の頃は病気を認めて、それに向き合うことで精一杯かもしれません。

 

焦らず少しずつメニエール病と向き合っていきましょう。仕事を持っている人などは、発作が仕事の支障をきたしてしまう恐れもあり、大変な面も多いでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、仲間や上司にメニエール病の事を話して理解してもらうのは、病気と上手に付き合うためにとても重要なことです。

 

周りの人たちに理解してもらうなどの協力は、遠慮せずに求めましょう。慣れてくると、だんだんと気持ちも楽になっていきます。一人で抱え込む事だけは絶対にしないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

静命漢方堂

 

めまいや耳鳴りに効く【静命漢方薬】はこちら