メニエール病は早期発見が大事

 

 

 

メニエール病は早期発見することで症状も軽くすみ、治療も短期間で終了する事ができます。

 

一般的には、初期症状が軽いために、単なる疲れからくるめまいや耳鳴りだと勘違いして病院へ行かない人が多くいます。

 

 

 

気になったら早めの受診を

 

 

確かに、多少のめまいや耳鳴りは誰でも経験したことがあるでしょう。数回続いたからといって病院へ行く人の方が少ないかもしれません。

 

しかし、病気と気づいたときには病状が重くなっているといったケースはよく聞かれます。早期発見が遅れてしまうと、人によっては治療に時間がかかったり、長期にわたり薬や点滴などの処置を行う必要が出てきてしまいます。

 

 

 

自覚症状のない場合も

 

 

 

メニエール病のめまいは、立っていられないほど激しい場合もありますが、ほとんどはあまり自覚症状が無い場合も多いものです。

 

メニエール病の体験談のところでもお話ししましたが、症状もなく、『医師に言われてビックリ!』という人もいます。

 

 

自覚症状のない人も!

 

 

病気であるとは、自分では気がつきにくいといえます。しかし、まだ病院へ行くほどではないと放っておくと、発作は繰り返し起こり、しまいには高度の難聴になってしまう人もいます。

 

こうなってしまうと治療がとても困難になるのです。

 

 

 

 

納得いくまで調べてもらいましょう

 

 

 

メニエール病という病気の知識を少し覚えておいて、めまいなどがいつもと違うかなと感じたら、耳鼻科を受診して適切な検査と診断を受けましょう。

 

しかし、現在でもメニエール病を専門にしている医師はまだ少ないそうです。耳鼻科を訪れても、メニエール病なのに、別の病気とされる場合もあるかもしれません。

 

 

 

色々な診断を!

 

 

その場合、症状が続くようでしたら、前回とは違う耳鼻科やめまい外来を訪れた方が良いでしょう。俗にいうセカンドオピニオンですね。

 

適切な正しい診断を受けるためにも、納得のいくまで調べてもらったほうがよいのです。