メニエール病の発作を防ぐ

 

 

メニエール病で一番恐ろしいのは突然襲ってくるめまいなどの発作です。その発作の一番の原因は、ストレスであるともいわれてます。

 

ストレスを溜めず、その発散方法を見つけることは、メニエール発作を起こさないためにも大切です。日常生活を見直して、なるべく発作を防ぐようにしましょう。

 

 

 

お酒は?

 

 

お酒がストレス発散法という人も多いでしょう。アルコールは、直接メニエール病に悪影響をもたらすとは考えられていませんが、お酒による水分の摂りすぎは良くないといわれています。

 

内リンパ水腫の水分をなるべく抜く必要があるのに、お酒などを飲みすぎ、水分をたくさん取ると症状が悪化してしまう場合があります。

 

 

 

お酒もほどほどに

 

 

かといって、水分を気にして一滴も摂らないのも、脱水症状の心配があります。アルコールは適量であれば何の問題がありません。

 

ですから、お酒を飲む人はほどほどにしましょう。お酒を我慢するストレスに比べれば、多少の利尿作用が期待できるという飲酒なら、ストレス解消にもなり良いともいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

静命漢方堂

 

めまいや耳鳴りに効く【静命漢方薬】はこちら

 

 

 

 

 

たばこはやめたほうが・・・

 

 

メニエール病の人がたばこを吸うことはどうでしょうか。発作を防ぐためには、ストレスが悪影響をもたらすからと、禁煙はしなくて良いのでは、と考えていませんか。

 

 

しかし、たばこは健康面にも大きな害をもたらすものです。血管の萎縮によって、めまいが起こりやすくなることも考えられるため、できれば禁煙はした方がよいでしょう。

 

 

 

たばこは絶対にやめたほうが良いです

 

 

 

 

やっぱり運動

 

 

メニエール病である人は、ストレスを解消させるようにするのがよいといわれています。ストレスは、全ての病気の原因になるといわれるほど、健康に対してよくないものです。

 

「メニエールは内耳が原因だし、運動で治る訳がない!」という方には、無理してオススメしません。でも代謝を良くして、体の水分を入れ替えるのは良いことだと思います。

 

 

 

ストレス解消には運動すると良いでしょう!

 

 

運動がストレスを解消させるという事は、近年どこでも聞かれるようになりました。ジョギングなどでストレスを発散させるのも良いですが、一番良いのがヨガではないでしょうか?

 

街中でも至る所にヨガスタジオが増えました。メニエールのような病の場合、飛び回るような運動よりも、ヨガのような運動が良いと思います。

 

日頃からストレスの多い方は、交感神経が優位になっていて、気が張っている状態なのです。ヨガは自分で意識した呼吸を行う事で、副交感神経が優位になります。

 

ヨガでじっくり自律神経を整えて心を落ち着かせましょう。

 

 

 

↓↓オススメのヨガスタジオ↓↓

http://yoga-lava.com/