メニエール病に初めて気づくとき

 

 

 

メニエール病は、これといった原因が解明されていない難病です。そして誰にでも起こりうる病とも言われています。

 

しかし、初期症状の段階で治療を行えば、完治は可能です。

 

 

 

メニエール病の初期症状は、ごく軽い場合もあり、ただのめまいやただの耳鳴りと勘違いしてしまう人も少なくありません。

 

症状が出る頻度も人によって違い、最初のめまいや耳鳴りから次に発作が起こるまでは、数ヶ月に1回であったり、1年に1回などという人もいます。

 

 

 

逆に、初めての発作が、立っていられないほどのめまいだったという人もいます。この場合も、症状が治まって数ヶ月間異常がなければ、一時的なものだったのだと放っておく場合が多いでしょう。

 

メニエール病は、初期症状で病気だとは気づかずに、病院へ行ってみようと考える人が少ないといわれています。

 

めまいの発作が起こっても、なかなかメニエール病とは考えにくいですが、メニエール病という病気があって、それはめまいから始まるということを知っておくと、もしかしたら・・・という気持ちを持つことができます。

 

 

 

めまいがいつもと違う、耳の圧迫感や詰まったような感じがする、と思ったら、メニエール病を疑い、念のため早めに耳鼻科を受診するのをおすすめします。