メニエール病の診断基準

 

メニエール病とは、どのような診断基準により判断されるのでしょうか。めまいや吐き気、耳鳴りや難聴などの症状に悩まされて受診する人の全てがメニエール病と診断されるわけではありません。

 

めまいや難聴といった症状は、内耳が原因だという以外にも、内臓や脳などが関係している場合もあるため、メニエール病以外にも様々な病気が考えられます。そのため、診断にいたるまでは色々な検査を行います。

 

 

メニエール病が疑われる診断基準は、めまいの場合、発作中に黒目が左右に動く(目振)、立っていられないほどの激しいめまい、めまいとともに吐き気や嘔吐といった症状が見られるなどです。

 

また、耳鳴りは、めまいが起こったときに同時に起きる、聴力検査によって低温部の音が聞こえにくいという結果が出る、などです。メニエール病の疑いが出たら、簡単な平衡感覚を検査します。

 

その後、薬による経過観察を行うことが一般的です。

 

メニエール病は診断基準が難しく、専門の医師も少ないことから、訪れる病院によっては診断が遅れてすぐに治療を行うことが出来ないこともあります。

 

早期発見と早期治療がとても重要になっている病気ですので、めまい外来など専門の病院を調べて診察を受けるようにしましょう。