メニエール病の種類

メニエール病は、内耳に水ぶくれのようなものができて、神経を圧迫することで様々な症状を引き起こす病気です。

 

メニエール病にも症状によりいくつかの種類に分けられます。病気をきちんと的確に治療するためには、自分の症状を把握して、その症状がどのタイプに当てはまるのかを知ることが重要です。

 

いずれにせよ、早めの治療が肝心なので、以下に当てはまる症状を感じたら、医師の診察をうけましょう。

 

 

 

蝸牛型メニエール病

 

蝸牛型メニエール病は、メニエール病の初期症状でもよく現れます。めまいがまったく起きないことが特徴です。症状としては、『キーン』という耳鳴りと、人の声が聞き取りにくい等の症状があげられます。

 

このタイプの人は、再発を繰り返してしまう可能性が高いといわれています。この段階はまだ病状が軽いことが多いため、ここで適切な治療を行えば、めまいなどの症状が起きる前に病気を完治することもできます。

 

 

 

 

 

 

前庭型メニエール病

 

前庭型メニエール病は、蝸牛型メニエール病のような『聞こえが悪くめまいが無い』というのとは異なり、聴覚症状はおこらないとされています。逆にめまいが繰り返し起こるタイプです。

 

まためまいの症状も一種類ではありません。回転性のめまいだけではなく、横に揺れるような動揺性めまいや、ふわふわと宙をまっているような浮動性めまいなどがあります。

 

この場合、内リンパ水腫が原因となっているか、血流障害が原因になっているかの2つが考えられます。

 

前庭型メニエール病は、リンパ水腫が検査でも発見されない事例が多く、ただのめまいなどと判断されたりと、診断が難しいのが実情です。

 

ただ、前庭型メニエール病は、早期治療をすることによって完治させることが可能ですから、早めに診察を受けることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

両側性メニエール病

 

両側性メニエール病は、病気を発症してから長い期間が経った人に多く見られるタイプです。今までは平気だった反対側の耳にも症状が現れてきます。

 

両側性メニエール病は、難聴の程度が高く、進行が早いといわれています。気になる人は、早めの受診をオススメします。

 

一般のメニエール病【一側性メニエール病とも言われています。】と両側メニエール病のどちらもほとんど原因は同じだといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

レルモワイエ症候群

 

レルモワイエとは症候群、難聴や耳鳴りといった症状からはじまり、進行していくうちに強いめまいが襲ってくる症状です。

 

メニエールとの違いは、症状の現れ方のちがいになります。メニエール病は、めまいや耳鳴り、難聴が同時にあらわれますが、レルモワイエ症候群は、めまいや耳鳴り、難聴が交互に襲ってくる病気です。

 

このタイプは一番厄介なのかもしれません。ふだんからストレスを溜めないようにして、軽い運動を心掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

静命漢方堂

 

めまいや耳鳴りに効く【静命漢方薬】はこちら