メニエール病の主な症状

 

 

メニエール病とは、内耳に水ぶくれのような水腫ができることで神経が圧迫され、様々な症状が現れる病気です。

 

 

めまい

 

 

主な症状としてはめまいがあげられます。内耳は、三半規管や運動感覚にも重要な役割が果たしているため、メニエール病になると、めまいの他に難聴や耳鳴り、まっすぐに歩けないなど平衡感覚に関する症状が出ることが多いのです。

 

たまにめまいがするから、自分もメニエール病かもしれないと不安になる人もいるかもしれません。しかし、メニエール病のめまいは普通のめまいとは違います。

 

 

 

ひどい人は仕事などできないといいます

 

 

 

平行感覚がまったくなくなり、立っていられないほど、ぐるぐると目が回っている状態がメニエール病のめまいです。そういった辛い症状が数分から数時間程度も続きます。

 

メニエール病は、その症状が何日も良くならない場合もあり、日常生活をも脅かす病といえます。

 

 

 

 

難聴

 

 

 

メニエール病の症状には、難聴などの症状もあります。難聴にはいろいろなケースがあり、一時的なものから低音が聞き取りにくくなるケース、聴力自体が落ちてしまうケースなど様々です。

 

低音が聞こえにくくなるメニエール病ですが、逆に高音が響いて聞こえるため、様々な音がとても不快に感じられる場合があります。

 

 

 

耳鳴りと難聴でおかしくなりそうな時も

 

 

 

耳鳴りは、めまいなどの症状が出ている時に起こる症状です。症状は繰り返すことで、常に何かしらの雑音がしている状態になってしまいます。

 

めまいなどの症状が辛い場合はすぐに病院へ行く必要がありますが、メニエール病の症状がいつ出るか分からないため、誰かに付き添って貰うようにしましょう。

 

 

 

誰かが一緒にいてくれる事が安心になりストレスから解放されます