メニエール病の検査について

 

メニエール病の検査では、平衡感覚や聴力などを調べます。平衡感覚を調べるには、片足での直立検査やMann検査というものが行なわれます。

 

かかととつま先をくっつけて立つといった簡単な検査ですが、メニエール病だと目を閉じてこの検査を行った時にまっすぐ立つことができず、ふらついてしまいます。

 

また、足踏み検査という身体の歪みを調べる検査でも、メニエール病の人は悪い方の耳側へと曲がってしまいます。難聴を調べるために聴力検査も行われます。

 

いろいろな音域で音が聞こえたらボタンを押すといった検査です。点滴による検査が行われる場合もあり、この検査は、グリセロールという成分を体内に入れることにより、聴力の違いを計るものです。

 

 

 

 

メニエール病は、黒目が小刻みに揺れると言った特徴的な症状も出ることから、頭を動かした場合や制止している場合に目振の有無などを医師が確認するなどの目視検査も行なわれます。

 

めまいを頻繁に感じて病院へ訪れる人は、必ずしもメニエール病ではありません。様々な要因が考えられるため、疑いがあればこのような検査を受けることになります。

 

メニエール病は、一般的な内科ではなく、耳鼻科や脳神経外科などを受診することになります。めまいの症状がある人はめまい外来がある病院へ行くのが良いでしょう。