メニエール病に似た病

 

 

 

メニエール病と似た病気というものがたくさんあります。病名でいうと、突発性難聴聴神経腫瘍遅発性内リンパ水腫前庭神経炎などです。

 

いずれも、めまいがその特徴的な症状となっており、メニエール病と大変似た症状を持つので、メニエール症候群と呼ばれています。

 

 

 

自分で決めつけないで早めに診察を受けましょう

 

 

 

 

メニエール症候群

 

 

メニエール症候群は、その言葉を聞くと、メニエール病と同じもの、別の呼び名であるように思う人もいるかもしれません。

 

しかし、これは原因の違いにより、メニエール病とは別の病気と考えられています。

 

メニエール症候群の症状は、メニエール病とほぼ同じで、めまいや耳鳴りなどの発作、難聴などです。

 

内耳のリンパ水腫が原因と診断されるメニエール病に対して、原因ははっきりしないがメニエール病と似た症状が出ているときは、メニエール症候群と診断されます。

 

 

 

 

めまいの発作をともなうもの

 

 

 

メニエール症候群のうち、遅発性内リンパ水腫は、高度難聴の人がぐらぐらする回転性のめまいを起こします。

 

また、前庭神経炎も、激しいめまいの発作が起こり、立っていられないほどの症状になりますが、これはウィルスが原因の病気と言われています。

 

他にも、病気以外にも肩こりや頸椎の歪みによってめまいが起こる場合もあります。これらもメニエール症候群に含まれます。

 

めまいや耳鳴りは脳障害によっても現れる症状ですので、自分がメニエール病なのか、症候群なのか自己判断せずにきちんと診断してもらう必要があります。